保健医療情報の安全・確実な共有と交換の支援。

保健医療情報システムにおけるデータ破壊・喪失や、稼動停止等による、必要なときに参照できないリスクや、長期間の停止による信頼失墜のリスクの対応策を 十分にマネジメントする必要があります。
MPOは医療機関等、保健医療の業務提供側と、機器・ソフトメーカーやSIベンダー等、システム提供側双方に、これらのリスクを抑えるためのコンサルテーションを行うことで、保健医療情報に対するセキュリティの確保、そして安全・確実な共有と交換を支援いたします。

我々MPOは、種々の保健医療情報システムのセキュリティ運用を要する局面で

(1)保健医療・健康管理分野に関する豊富な知識
(2)多様な保健医療関連個別業務システム開発の経験
(3)高度で先進的な戦略情報システム(SIS)・システムインテグレーション(SI)経験
(4)特に情報セキュリティを中心にした標準化の活動経験
(5)保健医療情報セキュリティに関する国家プロジェクトへの取り纏め経験
(6)国際動向や国内動向の情報収集能力

特種情報処理技術者・ISMS主任監査員としての豊富な経験と知識を活用し、保健医療情報システムの個人情報保護・情報セキュリティマネジメントのコンサルティングを行います。